Koebi Junction Diary

The mountain moon record destiny

「李徴、貴様何故此処に!!」

今日国語の課題で山月記の感想を書かなくちゃならなくて悩んでるときに「その声は、我が友、李徴子ではないか」と思わず口ずさんだときに急に隣から
「李徴、貴様何故此処に!!」
そこから話が繋がってなんかバトル漫画みたいになってしまいました。話はこんな感じに(私的にアレンジしてあります。)
袁傪「李徴、貴様何故此処に!!」
李徴「袁傪、僕は君とは友とは戦いたくない。でも私と君は剣を交えなくてはならないのかもしれない。それが私たちの運命なんだ!」
戦い始める李徴と袁傪。
袁傪「李徴、昔の君はもう少し強かったと思うがね。剣を力のままに振るってるような気がする。」
李徴「ふっ。さすが我が友袁傪。そうさ私はもう人ではないのだよ。私は獣に身を落としたのよ。今私の新の姿を見せてやろう!」
袁傪「な、なんと李徴お前悪魔に魂を売ったのか。」
李徴「そうさ、悪魔に魂を売ったわ!詩人になって有名になろうと思ったが詩はまったく売れずこのまま生きていても希望が見えなくなった。人は皆私に役職についていればよかったのにと言ってきた。私は人に指図されるのが嫌いだ。なら人を脅かす、人を殺すことも出来る虎になろうと決めたのだ。さぁ袁傪私のこの姿を見てもまだ私と戦うか!」
袁傪「あぁ、戦うさ。君を元の人に戻すまではね。君の妻と子供が心配しているよ。だからね。」
李徴「妻と子供などもうどうでもいいわ。私は私のために生きるのだ。袁傪、君ならわかってくれるとは思ったが無理なようだね。さようならだ。」
虎になった李徴が袁傪に襲い掛かる。
こんな感じで、私風に改造してみました。もし、私の話につづきがあればコメントしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください