Koebi Junction Diary

甲斐性無し

guiltyから甲斐性無しに呼び名が変わりました。

甲斐性無し
「働きや才覚に乏しく、頼りにならないこと。」
伊耶那岐さん曰く私はその甲斐性無しらしいです。働きや才覚には私は自分で言うのもなんですが乏しくは無いと思います。でも大概は頼りにはならないと思います。てか、私は頼りにされるよりも頼りたい。相手が女性であっても頼りたいです。そんなことを言ったから甲斐性無しなんて言われるようになったのかな?
空色さんに理想の女性の外見はって言われたから私はできれば自分よりも背の高い女性って言って理由はって聞かれたから自分が届かないような所にも手が届くと思うからって言っても伊耶那岐さんに甲斐性無しって言われました。ちなみに私は170は無いんじゃないかな?
何回も言ってますが私はまだ恋愛経験はありません。で、もし私に彼女が出来てもそのなんて言うのかな?恋愛に関する主導権は私は女性に持たせたい、てか持って欲しいと思ってます。それも伊耶那岐さんは気に食わないらしいです。お前は女性に押し倒されるのか!!って。別に私は押し倒されてもいいですけどね。私には女性を押し倒す勇気なんてありませんし。てか押し倒されたほうがなんか気持ちよさげじゃない?そんな押し倒してしまうくらい自分は思われてるんだって思えて。
えっ?お前は感覚がずれてる。はぁずれてるのかな?上に書いたことって普通は男性だよね。主導権であっても押し倒すことであってもね。自分もこういうことするのは普通は男性だよなって思うけど無理だな。自分で言うのは気持ち悪いような気がするけど私って女性的感性があるのかな?じゃ彼女が男性的感性を持ってれば万事OKじゃん♪
駄目?かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください