Koebi Junction Diary

SAMSUNG

ITmediaでサムスンの携帯が取り上げられてます。

10M/光学3倍カメラ、回転スティック型、大容量HDD──Samsung電子製端末、“スリム”+αの戦略ってタイトルで紹介されてます。
最初に紹介されてるのが5M、10Mピクセルのカメラを搭載した「SPH-V7800」と「SCH-B600」これは携帯にカメラが付いているんじゃなくてカメラに携帯がくっ付いたって言ったほうが正しいんじゃないかな?
次に紹介されてるのがHDD搭載の携帯電話。日本でもauが出しましたよね。アレって売れたんだろうか?でもやっぱりHDD搭載すると厚くなりますね。HDDは小さくならないようですね。
その次に載っている動画はU700だとおもいます。スライド端末で厚さ12.1mm、HSDPA対応の携帯です。十字キーがドコモのD端末のようにくるくる回るんじゃなかったかな?
次はテレビ付き携帯!ディスプレイが回転し“ランドスケープビュー”スタイルになる横本能携帯と805SCに似たような携帯が紹介されてますね。ランドスケープとサイクロイドどっちがいいだろう?私はランドスケープに興味があります。
その次は細長端末。メールが発展した日本では絶対受け入れられないような気がしますけどね。まぁソフトバンクで出るなら電話のほうが需要がありそうだからなんら問題ないか。ポケットからスッと細長い端末が!!なんかかっこいい。音楽聴くのにはいいかもね。見た目MP3プレイヤーだもの。この携帯の動画は見たほうがいいかもしれませんよ。ビックリしますから。
スマートフォンはごつい。ただそれ一言。「SGH-X520」は綺麗ですね。女性受けはしそうな気がします。厚さ6.9ミリの超薄型ストレート端末「SPH-V9900」は本当に薄いですね。充電器のコネクタのほうが大きいんじゃない?
で、私思ったんですけど、3つ目の動画でXS 707SCと並んでる携帯説明書きは「SPH-V9900」になってますがこれってどう見ても708SCですよね?ソフトバンクのロゴがきらびやかに光ってますもん。
やっぱりサムスンの端末は魅力あるな。ソフトバンクとの信頼関係が崩れなければ良いな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください