Koebi Junction Diary

闇夜に咲く華麗で盛大な花火よりも僕は君の瞳の中で繊細に咲く線香花火のほうが好き

こんなこと言う人は「a disagreeable fellow」かな?

「a disagreeable fellow」は気障なやつっていう意味です。勉強になったかな?ってそんな事覚えても使うところないよねって事でふとこんな臭い台詞が浮かんできちゃって自分大丈夫かと少し心配している炬狄です。恐らくNSPの「線香花火」に影響されたかな?でも実際瞳の中で咲く線香花火って見たことないけど綺麗だろうな。ただそれを見るには相手の顔を覗き込まないといけないんだよね。それは私には出来ないな。だって多分そんな女の人の瞳覗き込んだら吸い込まれそうですから・・・。
で、何で花火の話かと言うと今日塩竃のみなと祭りの前夜祭で花火が上がる予定だったんですが台風のため延期になってしまったからです。近いのに塩竃のみなと祭りって行ったことないんだよね。是非女の子と行ってみたいものですよ。もちろん女の子浴衣ね♪
浴衣といえば今下が異様に短い浴衣ってありますよね。なんだろうこんなのアニメの世界のものだろう的な浴衣。足にはこれまたずいぶんと長い靴下はくのね。オーバーニーソックスで合ってる?いや別に私はこの浴衣嫌いではないですが実際こんな浴衣着る人いるのかな?てかまずこれって浴衣?因みにこの浴衣イオンのマネキンが着てますよ。
だぁっと話が脱線したね。話し戻します。花火の話。大きい花火は迫力あるんだよね。枝垂れの花火が好きだな私は。あとは何か形になってるの。崩れてたりするとなおOKかも。それでもやっぱり線香花火が一番良いね。夏の風流って感じ?あぁ今年も線香花火できるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください