Koebi Junction Diary

お昼ごはんはざるうどん

私はそばよりうどん派です。

今日は箏曲部の練習に行ってきました。洋楽器やって和楽器やってでなんだかこんがらがっちゃうなぁ。楽譜はやっぱり五線譜が良いです。
今日練習した曲は「ひぐらし」、「六段の調」、「雨の詩」の3曲です。「雨の詩」は尺八無いじゃんって思う方もいらっしゃるでしょう。「雨の詩」は1年生の隣にいてリズムを取ってあげただけです。「ひぐらし」は去年もやった曲なので吹けました。まだ1年生があまり練習してない曲なのでテンポ遅めでやるので大変です。息が続きません。「六段の調」は今年が初めて。そして初めての琴古流の楽譜です。いやぁ都山流の楽譜に慣れてしまうと琴古の楽譜は読みにくいです。なにせ音符の長さを示す印のおかげでたまに楽譜何かいてあるか分からないときがありますから。
「雨の詩」はお箏のみの曲ですから私はリズムをとることしかしませんでしたけどね。で、ここで気づいたことが1つ。どうして曲は進んでいくのに間違った部分を流さずに弾き直してしまうんだろう?弾き直してしまうからその分ずれてることに気づかないんだよね。これ不思議。
お昼ごはんはざるうどんってのは今日のお昼のこと。お昼は休日に行くとおばあちゃん先生が頼んでくれるので今日はざるうどんにしました。さすがにかしわうどんを食べる気にはなれませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください