Koebi Junction Diary

救急車は救急の時に

救える命が救えない時があります。

ここ最近救急車をタクシー代わりに使う人が急増しているそうですね。タダだからでしょうか?でも救急車は本当に救急の時に呼びましょうよ。5日前から気分が悪かったのにちょっといつもより調子が悪いからって救急車を呼ぶ。自分の力で病院行けよ。私がこれは最悪だなって思ったのは足が痛いって連絡したおばちゃん。通信センターみたいなところの人がどうして足がいたいの?転んだの?って聞いたら足が痛いんだよってしか帰ってこない。ちゃんと言わないと行かないよって言ったらじゃ転んだってことにしてくれだって。ふざけんなババア。
たしか何処かの自治体では優先度を決めるシステムを導入するそうです。そこで優先度があまりにも低い場合は拒否するそうです。私はそれでいいと思いますよ。救急隊だって何人もいるわけじゃないんだからさ。もし今それが不可能だって言うんなら後は有料化にでもしたらいいんだ。もちろん救急患者の場合は無料ですよ。でもそんな足が痛いとか気持ち悪いとかで全然救急じゃない人だったら5000円でも10000円でも取ったらいいんだ。救急隊のみなさんこんな人たちのためにお昼もろくに食えないんだからさぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください