Koebi Junction Diary

ハブリーズ

打ち上げのときのお話。

決してファブリーズではありません。まぁもじった言葉ではあるんでしょうけど。まぁ先日行われたユーバー・ムジカントの打ち上げのときの話です。美味しいもの食べて私は飲んでいませんが皆さんお酒を飲んで上機嫌。おのずと最初座った席から移動してお話を始める。そうなると何個かのグループができますよね。んでその話がまじめな話だったりすると入りたくなかったりするのでほけーとしてるとW先輩とともに孤立してしまいました。で、そのW先輩が俺達ハブリーズになっちゃたよね。なんて。
で、2人でしょうもない話をしていたわけですがどういう方向でそういう話になったのかわかりませんが話は恋愛方面へ。W先輩は中学から私立で男子校で高校もそのまんま。なので免疫がないそうで。で、どうやらそのW先輩の友達なんかは次々と彼女ができていっているそうです。最終的にはもう彼女なんていらねぇよなんて叫んじゃった。そしたらP先輩が振り向いてグッって親指立ててました。
そのあとのろけ話がどうのこうのって話になって私も懐かしい話をしましたよ。過去記事の「和室の襖を開ければそこには・・・」の話。いやぁこれはインパクトでかかったですからね。凄いなそれって言われました。まぁこれ以上のことが起きるようなことがあればそれはもう完全に場所をわきまえろって話なっちゃうよね。
でもW先輩がひっきりなしに言っていた「彼女なんていらねぇよ」という叫びに対して私はははっって笑って受け流していたわけですが私はねぇ彼女欲しいですよ。1回も恋愛したことないからしたくないとは言わないですよ。この長い春休みにもなんにもなかったし。友達の皆さんは何か変化があったんでしょうかね?特にオルタナティブさんはなんか怪しいです。忙しいとか理由教えてもらったことないし。演奏会の日も来れない理由は聞かなかったってのもあるんだけど言わなかったし。P先輩に対しても何の連絡も送らなかったようだし。ブログは違うところでやってるって言ってたけど教えてくれないしさぁ。まったく!!
彼女ができると人が変るもんでしょうか?よく友達と遊ぶ機会が減る人がいるといいますがその類なのかな。なんて勝手な想像していいのかな?オルタナティブさんそういう話聞いても教えてくれないからねぇ。お前絶対話すだろうとか言われてさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください