Reverse fact Axis 1st, ひとりごと

日本は楽を求めすぎた

日本人は楽を望みすぎたんですよ。そしてその楽が危険なものに発展してしまうのは車です。そう、車のオートマチックトランスミッション(AT)です。これは便利だと思いますよ。走行中にギアチェンジする必要もないし半クラというテクニックもいらない。ゲームの車と一緒ですからね。

ただ、この簡単さが時折悲劇を引き起こすのだ。よくお店に突っ込んだり立体駐車場から落ちたりする事件。あれはAT車だから起こることだと私は思ってる。マニュアルトランスミッション(MT)の場合は止まるために同時にクラッチを踏みますよね。クラッチを踏んでいるということはエンジンの出力がタイヤに伝わらないのですからアクセルを誤って踏んでしまったとしてもエンジンがすごい音を立てて回るだけなのでなんの問題もありません。ただATの場合はクラッチを踏むっていう動作がないですから止まる直前であってもアクセルを踏んでしまえばエンジンの出力がそのままタイヤに移ってしまう。それに思いっきり踏んだりするんだろうからキックダウンが起きて物凄い勢いで突っ込んでいく。

正直車は全部MTでいいと思うんだ私。よっぽどのMTが運転できないっていうことがない限り。そうすれば急発進なんていう事故は起きにくいと思う。それにMTが運転できなくなれば免許を返す目安になると思う。ATの燃費が良くなったと言ってもやっぱりMTの方が燃費がいいってのはあるし。ディーゼルなんかはMTが基本だし。日産が以外とMT多いよね。なんだかNOTEにもMTが出るって父が言ってたし。

どうだろう。私が言ってることってあながち間違ってはいないと思うんだけど・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください