Reverse fact Axis 2nd, ひとりごと

考察が敵だ

ポスターまとまってきたけどまとめと考察がなんだがぼんやり.正直考察でいけるかなって思ったことって結果でも説明できちゃったりするんだよね.そしたらそれって考察にならないんじゃないかなって思っていたら無限ループで話が先に進まないっていうね.もうなんなんでしょうね.まとめてみてからわかるこの不思議感.もう時間がないので新しくサンプル作ったりもできないしデータを取り直したところで多分何も変わらないんじゃないかなって思うのよ.測定してた時にはそこまで悪い値が出てるようには見えなかったんだけどなぁ.

こうも,考え事をするのって苦手なのよね.だってこれは前で説明できそうだから駄目じゃんとか考えてると何も前に進まなくなって結局最終的に何も出てこなくなってどうしようになっちゃう.高専の卒研のときにもそれに入りかけてて問題になりそうだった.そして今回の実験というか研究は似たようなことを4人で行ってるので考察が被るんじゃないかとか思っちゃうと何か自分の実験だけで見えるのはないかと探しちゃうんだけど取れてるデータがまちまちというかなんというかそういうものしかないからどうもいかんせん話がつなげにくいのよね.もう,難しいですわ.

はーあ.だれかにべったり甘えたいです.こう考究プレゼン終わるまでの2週間だけでもだれか私に甘えさせてくれないかなぁ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください