ガジェット

HD7の謎を妄想する

唯一日本に存在するWindows Phone 7.5 IS12Tだけどやっぱり投げ売り状態なんだね。まぁ、投げ売りにしたところで売れるかって言うと正直売れてないんじゃないかなーと。筐体も発売された当時はあまりビビットなカラーが無かったから目立ったけど今じゃ別にそうでもない。逆にビビットすぎるかもしれないねー。そしてやっぱりスマートフォンと言えばiPhone&Androidって感じだもんね。コマーシャルもApple主導のiPhoneが結構流れてるしキャリアはAndroid推しだし。auからWindows Phoneなんていうものが発売されていることを知っている人は少ないんじゃないだろうか?カタログもあまり目立たないようなところだしね。

なんだろうな、OSとしては引けを取らないと思うんだけどね。最近はHTML5が主流になりつつあることもあってFLASHが見れないこともあまり問題じゃなくなりそうな感じだし。てか、いつのまにかAndroidがフラッシュ対応っていうの推さなくなったね。やっぱりmetroデザインが受け入れられないのかなって思うね。別にそれが決まりってわけではないけどiPhoneのようなアイコンが1シートに並んでて横にフリックすることでシートが切り換えられるみたいなのが当たり前になっちゃってるしね。それに画面一つに情報が表示され表示しきれないのは下に表示ってのが馴れちゃってるしね。こう横に横にっていう動作はいまいち受け入れられないのかもしれない。でも、待ち受けのタイルスタイルは大きさは違えどINFORBARのデザインと変わらないような気がしないでもないんだけどね。

MicrosoftはWindows Phoneがauから発売されて売れると思ってパートナーにしたのかな?私的にはauにならざるを得なかったんじゃないのかなって思う。docomoから発売する場合にはspモード関連をクリアしなくちゃならない、softbankの場合は孫社長がWindows Phoneに興味が無かった、EMOBILEは契約者数が少なかったりで魅力が微妙、そうなるとやっぱりauしかなかったんだろうな。auもスマートフォンで攻勢に出たかっただろうし日本初のWindows Phoneしかも世界で最速の7.5 Mngoっていうちょっとした注目が欲しかったのかなとも思うね。

そしてこのタイミングで技適を通過したHTC HD7はいったいなんなんだろう?周波数帯は2.1GHzのみだそうで。この周波数帯を所持しているのはドコモとソフトバンク、auの三社。で、ドコモとauの場合には他の周波数帯でも申請を出すような気がする。そうなるとこのHD7はソフトバンク向けなんじゃないかなと予想。でもでも、HD7はWindows Phone 7が初めて世に発表されたときに発表された機種であり1年も前の旧式。まぁ、Windows PhoneはスペックがMicrosoftによって定められているので数値上では見劣りしないかもしれないけどCPUなんかは中がだいぶ変わっていたりするだろうからね、やっぱり旧式感は否めないよね。そうなるとこのHD7が発売されることは少ないんではないかと。

ならこのHD7はいったいなんなのか。またおんなじことを言ってしまった…。まぁ、今更構成を考えるのも面倒。とにかくこのHD7の存在意義、私はWindows Phoneのテスト機なのではないかと思う。実機を用いて実際に動作させてのアプリ作製してるんじゃないかなと。それならIS12Tでもいいんじゃないかと思うけどIS12TはそうCDMA2000なのだ。わざわざHD7を使ってるってことはW-CDMAの回線が使えないと意味が無いという風に見えてこないか?メールアプリでも作ってるんじゃなんても思えてしまう。

こうなるとやはり考えられるのはdocomoとsoftbankだ。で。HTCと聞くとどちらかといえばsoftbankなような気がしないでもない。最近X04HTがプリモバイルになったりモトローラ製の機種からの無償交換機種にX05HTが入っていたりとなにかとHTCの名がちらつくようになった。この辺少し怪しいよね。ここ最近softbankに対してHTCの動きが無かったもんね。もしかしたら夏モデルあたりにsoftbankからWindows Phoneが出る可能性があるんじゃないの。最近仲良しのZTEもWindows Phone作ってるしね。HTCからならTITANやRadarなんかが出てきたら面白いかもね。

なーんて妄想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください