ガジェット

MWC2012始まりましたね

始まってましたねMWC。ぽつらぽつらと情報が流れてきてますね。殆どがAndroid端末ですけどね。なんだかこれが世界の流れかって感じ。でも、登場している端末はほとんどがAndroid4.0ですね。スマートフォンもタブレットも同じOSでよくなった分開発がスムーズな感じなんでしょうかね?一応今知った範囲での話でも書いていこうかと。

初めはHTC。HTCがついにラインナップを整理してきたようね。ペットネーム+αの機種名になってわかりやすくなってきた感じ。HTC Oneってのがちょっと普通すぎるかなぁって感じもするけどね。でも、Oneって言いきったところがカッコいいかもしれない。Oneシリーズで4種類発表されてX、XL、S、Vだったね。Sのカメラ周りのアクセントがカッコいいね。シンプルな感じがHTCらしさを持ってる感じ。

お次はSony。Xperia PとXperia Uの2機種が発表されたようね。デザイン的にはXperia Sと変わらない感じ?なんかいまいち面白みに欠けるというかなんというか。置きにいったなぁって感じがする。このデザインを押す感じなんだろうか?

Huaweiもハイスペック機がお目見えしたね。Ascend Dシリーズとでもいえばいいんだろうか。一番すごいのはAscend D quad XLなんかな?なんともわかりやすいネームだよね。DシリーズでquadコアでXLサイズ。1.5GHzのクアッドコアでバッテリーが2500mAhとかね、これならバッテリーに心配はないかもしれないね。これでLTEにでも対応すれば完璧なんじゃなかろうか?

LGだとOptimus Vuだろうか。4:3ディスプレイとかなんかブラウン管テレビを思い出す感じ。5インチなんだってんでね。GALAXY Noteみたいな感じでスタイラスペンでの入力も可能とのこと。こうなると有機EL Vs.  IPSみたいな感じだよね。

それにしてもAndroid端末はもうハイスペック機しか出てこない感じになっちゃったね。Android4.0が低スペック機では動かない感じなんだろうか?まぁ、ハイスペック機でもそれなりに安くなってはきているような感じもするから問題はないのかなぁ?どこまで性能が上がっていくんだろうね?

そして私が気にしているWindows Phoneに関しては静かだよね。出てきた機種はNokia Lumia 610とZTE Orbitだけだもんね。でも、ここで気になるのはGSMArena情報だとLumia 610はRAMが256MBでCPUが800MHzなのにMango搭載で、OrbitはRAMが512MBでCPUが1GHzなのにTango IIってところかな。Tangoの位置づけが非常に不明なんだけど。Mangoでも低スペック機が動くようなアップデートがされるってことなのかな?そしてTangoは詳細が分かっていないのにすでにⅡが付いている。これはいったいどういうことなんだろう?不思議な話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください