ガジェット

機変するかは明日次第

ついに待ちに待ったSoftBankの新機種発表会が明日ですね。HP上ではいつのまにかプロモーションビデオが出てきてたりでちょこちょこと更新されてるんだよね。まぁ、機種に対しては全く分からない状況だけどね。PVの中ではゲストが紹介されたりした後に900MHzを押してたねぇ。7月のサービスインでどれだけ範囲を広げられてるのか気になるところだね。

で、肝心の端末だけどSoftBankだけ大した情報が出てきてないんだよね。比較的わかってるのは富士通の101Fくらいでね。101Fはdocomoから発表されたT-02Dと同等の機種になるんじゃないかと予想されてるね。KYOCERAの機種はPHSとのハイブリット機種っぽいよね。KYOCERAのAndroid端末ってことはDIGNOベースってことなのかな?それともHONEY BEEベース?いったいどんなサイズの機種になるんだろう?ほかに分かってるのはパナソニックのELUGA powerとシャープの1機種程度かね。でもこうなるとSoftBankスマートフォンだけだとすると3機種?少なすぎるんじゃないか?まぁ、わかってない機種も結構あるとは思うけどね。だってドコモの機種だってNEXTシリーズは結構わかってたけどwithシリーズはわかってなかったもんね。

ここでやっぱり気になるのはWindows Phoneがあるかないかよね。auに関してはWindows Phoneについては全く触れず、docomoは冬で検討するにとどまった。docomoは夏にでもって言ってた関係上大して期待は持てない感じがする。そしてSoftBankだけど正直期待はできないよね。冬春モデルの時に孫社長バッサリと興味がないって言っちゃったもんなぁ。魅力が出てきたら考えるとか言ってたけど現状Windows Phoneに魅力があるのかどうか、孫社長のなかではなさそうな雰囲気があるもんな。ただ、最近のNokia LumiaシリーズのおかげでWindows Phoneも多少は頑張ってる感もあるし1機種位海外機種が投入されてもいいんじゃないかなっても思うんだけど、SoftBankから出せそうなメーカってZTEくらいなんだよね…。初参戦機種がローエンドモデルってのは正直微妙だと思う。

そこで期待しちゃうのはNokiaだよね。今、Windows Phoneで一番勢いがあるところといえばNokiaだもんね。Nokia自体は日本市場への復帰に関しては否定的ではあるけど要望があれば話は別だ見たいなことも言ってたしもしかしたらあり得るかもしれないよね。そしてなによりLumiaは900MHz帯が使えるのだ。つい最近グローバル向けのLumia 900がGCFを通過したことだしさ(関係性はあるのか?)。グローバルモデルは何もしなくても日本語化されてるしフォントもちゃんと入ってるみたいだし最初の手間ってのはないと思うのよ。どうだろうどうだろう?最近NokiaのHPもグローバル版に準じたものになってるし、Windows PhoneならSymbianよりも受け入れられやすいでしょう。過去にSoftBankはグローバルモデルとか言ってN82とか出して経歴もあるしだしてくれないかね。

てか、900MHzをあれだけ押している割には現状分かってる機種で900MHzの認証受けてるの101Fだけなんだよね。本当に夏モデルから全機種900MHz対応になるのかしら?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください