ガジェット

論理飛躍妄想

SoftBankの発表会が明日に迫った今日ですが今のところ認証機関を通過している機種はHUAWEIの201HW(HUAWEI Ascend P1 lte)、MOTOROLAの201M(RAZR M)、この2機種しかないみたいね。なんか明日発表会だってのにすごく寂しい状況ね。まぁ、夏モデル発表の時にもこんなもんだったか?でも、夏モデルは4機種だったもんなぁ。秋冬は数をそろえてくるんだろうかね?国内メーカの動き方が分からないね。シャープも富士通も音沙汰なしだよな。NECもカシオも全然動きが無いよね。完全にSoftBankはAndroidに関しては力を入れない感じなのかなぁ?

iPhoneはLTEに対応したわけだけど秋冬モデルはどうなるんだろうね?一応現状分かっている2機種に関してはLTEではなくAXGPに対応してるようね。かねてから噂されてるのは秋冬はAXGPモデルってことだったからこの2機種に関しては噂通りってところかしら?他のメーカがあったとしてそれは果たしてLTEなんだろうかそれともAXGPなんだろうか?まぁ、iPhoneのためのLTEならここにAndroidを入れるよりかはAXGPや1.5GHzに流せるもんなら流したいんかな?

AXGPは利用者が少ないからつながれば早いんだろうけど問題はエリアよね。だって役所周りでしか使えないんだもん。普段高速通信ができないってどうなのさーって感じよね。宝の持ち腐れ感が半端じゃなくなりそうよね。新潟は新潟市と上越市の一部でしか使えないんだもん。宮城ではなぜか多賀城市で使えるっていうね。ちょっと不思議な感じ。

そして疑問に思う点としてHUAWEIの機種よ。docomo向けに国内フルチューンされたHW-01Eが存在しているのにもかかわらずSoftBank向けにはグローバル向けを出すというところ。どうして同じ機種の焼き直しじゃないんだろう?これはSoftBank側からの要望なのかな?FeliCaくらいはつけてもよかったんじゃないかと思うんだけどね。HUAWEIもZTEもここが個人的には残念な感じがするんだよね。まぁ、iPhoneにだってFeliCaは付いてないし使わない人は使わないのかもしれないけど。

さてさて、ここまではAndroidの話。ここからはWindows Phoneの話をしましょう。今現在国内においては全くと言っていいほどWindows Phone 8に関しては情報が無いよね。だって、Windows PhoneのHPには相変わらずIS12Tがドーンと出ていてWindows Phone 8に関する情報は無しだもんな。でも、最近になって海外情報っていう欄でWindows Phoneのブログに飛ぶリンクが追加されてたり、秋のアプリコンテストでWindows Phone 8のライブタイルが表示されてたりとちょっとは出てくるようになったかな?

docomoの夏モデル発表時に冬モデルで検討してるなんて言ってて期待がもたれてたけどここ最近のリーク情報によれば冬モデルにWindows Phoneは無いって話だしな。docomoから出ないとなると国内的にはもう絶望的な感じよね。auは唯一のWindows Phone販売キャリアだけどIS12Tは何のために販売されたのかわからない状態になってるもんなぁ。SoftBankに関してもiPhoneをあれだけ押してる所を見るとちょっと考えにくいよなーって感じがする。

でも、なんとなくだけどSoftBankから1機種位はWindows Phoneが出るんではないかなんて思ってるんだよね。docomoやauみたいに特段Androidに力を入れているわけでもないしさ。それにこの前のイー・アクセスとの経営統合時にグローバルモデルが用意しやすくなると言った点に関しても私は期待を持ったね。そうなのよねSoftBankが持っている2.1GHzと900MHzは国際的にもよく使われている周波数帯だしLTEに関しても2.1GHzとイー・アクセスの1.7GHz(正確には1.8GHz)は国際的なバンドだしね。グローバルな端末をひょいって持ってくるのは比較的簡単だと思うのよね。

そしてもしWindows Phoneが来るとしたらどこのメーカが来るのかよね。HUAWEIかなっても思ってたけどどうやら開発が難航してるような感じよね。で、残り考えられるのNOKIAとHTCよね。NOKIAに関してはNOKIA謹製アプリが日本語化されていたりと日本への復活があるのかと思わされるようなところがいくつかあるよね。それにNOKIAが日本に再上陸するとかっていう噂もあったりとちょっと期待できちゃうよね。SoftBankだったら過去にNOKIA機種を扱っていた実績もあるし、最後のころにはグローバルモデルって言ってSoftBankロゴなしで販売してる時期もあったしね。

HTCに関してはこの前Windows Mobile機種がプリモバイルで販売されるという謎の事態が起こってたね。どこかで在庫が発見されての在庫処分であった可能性はあるけどここにきてHTCの名を再びSoftBankから聞くとは思ってなかったのでまさかの復活なのか!!なんては思ったね。結局その後にSoftBankからHTCが出ることは無かったわけだけど…。でも、そろそろ戻ってきたりするんじゃないなっても思うね。au1社では正直厳しいとも思うもの。SoftBankなら無理な注文もしてこないと思うしグローバルなまま展開できそうだしさ。

他にもWindows Phone 関係で行けばWindows Phone 8の発表会時に日本についての情報があるっていうことが騒がれてたよね。結局は日本に関する情報は無く使える言語が次々と流れて言っているときに日本語が表示されたくらいであってさ。でも、あそこで数ある言語の中から日本語が選ばれているという点を考えるとWindows Phone 8も日本で発売する気があるっていうことにもなるんじゃないかなって思うね。そしてその日本に関する情報ってのが取り扱うキャリアじゃないかって話だったよね。キャリアロゴがバーンと並ぶところに日本のキャリアも含まれていた可能性があるよね。まぁ、キャリアとの調整が合わなくてお蔵入りになったとの話だけどさ。でも、ここで日本に関する情報で騒がれたということはそこにあったキャリアロゴはauではなかった又は複数社あったってことなのかな?後は大分昔の話だけどHD 7が技適を通過した件とかね。2.1GHzしか通過してないところを見るとSoftBank向けっぽい感じがしないでもないよなぁ…。

孫社長も去年の秋冬モデル発表時には興味が無いとズバッと切り捨ててたけど夏モデル時には未来のことは話はしないとどちらともとれる発言に変わったもんな。過去にWindows Mobileをそれなりに扱ってたりとしてたSoftBank。そしてSoftBank自体はMicrosoftとも仲がいい感じにも見えるし秋冬にちょこっとは期待が持てるような気がするけどなぁ。多分出ないんだろうけど…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください