ガジェット

久しぶりにU21GTをいじる

なんか久しぶりにU21GTのカスタムROMが出てるかなーなんて思っていたら新しいカスロムが存在していた。TNTとは違うタイプだったのでカスロムを焼いてみました。起動すると購入したときと同じ解像度調整系のアプリが入ってるぽかった。ただ、Gmailアプリがインストールできなかったりとおかしな部分が存在していたのでその人が作成していたもう一つのカスロムを焼いて今は落ち着いてます。これは公式ファームからWin8UIを除いたものでした。なんか久しぶりに素のU21GTみたいになった。

カスロムを焼くときに困ったのはドライバがなくなっていた。そうなんですよ、母艦のデスクトップ動作がおかしくなったので再インストールしてたのよね。で、ドライバを探してインストールしROM焼き終了。そしてrootをとるためにPCに接続してもドライバが入らない。adbドライバの入れ方を忘れるという暴挙。結局はmaboroboを入れることで解決しましたけど。TNTのROMもよかったんだけど新しいデザインになってしまって見にくくなってる部分があったのよね。まぁ、これで見やすくなりました。こうやって気軽に色々できる点は中華PADの楽しい点かもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください