ガジェット

SDカード届いた!!

Surface用にAmazonで購入した64GBのSDカード届きました。5000円で購入できたのでそれなりにお得に手に入れられたのかなとは思います。で、Surfaceに入れるとすぐに認識されました。この辺のSDカードの認識の速さはAndroid以上だと思います。

で、ここで既知の問題が。Surface RTはその使用上アプリはModern UIアプリしか使用できません。そしてそこまでアプリがそろってないのでミュージックなんかは標準のものを使うことが多くあります(私のアプリの探し方が下手なのかもしれないけど…)。まぁ、標準アプリの使い勝手もそこまで悪い方でもないので良いんですけど。で、今まではディスク管理からCドライブの中に作ったフォルダにマウントしてライブラリに登録してたんだけどどうやらこの方法だとサブフォルダをライブラリに登録した場合不都合が起きていた。例えばファイルを削除してもミュージックアプリからは削除されないとかね。

で、その他の方法として見つけたのがMKLINKコマンドを使う方法。コマンド例としてはこんな感じ。

MKLINK /j C:\Users\~\sdcard\sdmusic D:\音楽

これで作成されたsdmusicフォルダをライブラリに登録することでしっかりとSDカードに保存されたデータを読み取ることができていました。ちなみにsdcardというフォルダは場所を分かりやすくするために作ったものです。で、注意してほしいのがその先のsdmusicっていうのはエクスプローラ上では作らないことですね。まぁ、当たり前っちゃ当たり前ですが。ついでに言うと消すときにはRMDIRでC:~を入力してやれば消せるようです。これはSDカードを外さない前提でやるべきことですね。まぁ、64GBのSDカードなんて早々外さないでしょう。SurfaceはフルサイズのUSBが使えるからデータの移しはそういうのでなんとかなるので。

本体も64GBとRTでは最大サイズを選んだけどそれでもWindowsはアップデートやなんやらでファイルサイズは大きくなる傾向があるからあまり本体にはファイルを残しておきたくないのよね。なので大きなSDカードっていうのは非常に有効。できればもっと簡単にアプリからSDカードにアクセスできればいいのにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください