ガジェット

やっぱり決め手は値段か?

今日は後輩の携帯機種変に付き添ってきました。どんな機種を選んだらいいかわからないのでついてきてくださいってことだった。まぁ、いろいろ持ちやすさとか電池持ち、各機種のちょっとした特徴を教えたのちに最終的に値段的優位性と持ちやすさってことでXperia Aになりました。まぁ、無難なところに落ち着いたなーって感じであったね。契約手順とか聞いててdocomoもなかなかオプションをつけてくるなーって感じはしたね。まぁ、大した説明もなしにじゃんじゃか進むわけじゃない分SoftBankよりはましなのかなーとか思いながら聞いてました。DCMXは仕組みがちょっと面倒だなーとか思いながらね。

で、待ち時間の間AQUOS PADでフルセグ見てキレーとか思っていたわけですが、触れていて一番動きがよかったのがELUGA Pだった。思った以上に動きがよかった。あとホバーは結構楽しいかもしれないって思った。ハードキーであるジルコニアキーも押しやすかったし。まぁ、パナソニックはdocomoからは一時撤退みたいな雰囲気もあるようだしこれからどうなるんだろうか?噂だとSprintに端末を供給するとかしないとか。もし、そうなったらSoftBankにも同じ端末が流れてくる可能性は考えられるよね。そうなると実に102P以来ってことになるよね。102Pもそこまで悪い機種だとは思わなかったけどあのボタン配置はちょっと許せないものがあったかな。あとデザイン。

いつかはツートップに選ばれるかもって考えたとしてもそのツートップに選ばれない時期にはほとんど売れない訳でそうなると非常に厳しいことになるよねぇ。特に国内メーカーなんかはほとんど海外進出をしてない訳だから本当に危ない橋を渡り続けなくちゃいけないことになるよね。NECは断念してしまったけどパナソニックには頑張っていってほしいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください