ガジェット

技適について

海外SIMフリー機種を大手を振って使えないのは技適があるからってことなんですが、技適がなくてもローミングを使えば通信はできますね。でも、この端末がWi-FiやBluetoothを使用した瞬間に技適に引っかかるらしいですね。そこまでは知らなかったや。それでも、ローミング中の機種に関しては黙認されるっていうのが暗黙知らしい…。

3GやLTEは国際規格なので出力なんかが仕様で決まってるから技適を通ってなくても国際ローミングならOKっていうのは納得できる、でもWi-FiやBluetoothっていうのは国でまばららしいですね。だから本当であればそっちは違法なはず…だけどiPad問題で話題になった国会議員のおかげでOK扱いらしい。なんという、解釈が難しい制度なんだ技適!!

オリンピックなどでフリーのWi-Fiを多く設置してみたいな話が出てるらしいけど海外の人が使ったら本当であれば違法になるはずなんですよねぇ。そしてオリンピックの期間に国内のMVNOなんて使った日にはもう満点の違法でっせ。まぁ、確かに電波はみんなが使うものだからルールがあるのは仕方のないことだとは思うけどねぇ。それでも多分国内で海外端末があまり出てこないっていうのは技適がネックなんだろうな。あと、いまだにキャリアが強いこと。キャリアと協議しないとほとんど端末が出せない状況だもんね。そのなかで大手のHuaweiがSIMフリー端末を日本で発売するって言い出したのは大きな事でしょうね。大手3キャリアが料金も端末も似たり寄ったりになってしまってねぇ。しかも、そういう3強状態に胡坐をかいで対して安くもならなくなっちゃったし。新規ユーザにばっかり優遇してて既存ユーザは蔑ろだものねぇ。

もっと、MVNOが流行って技適通ったSIMフリー端末がどんどん出てくれば選ぶ自由っていうのは広がっていくでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください