ガジェット

これが本当の廉価版?

なんだか唐突に発表されましたねSurface 3。Pro 3が発表されたころから時々噂になっていた無印の3ですけど、今回は噂になって次の日くらいには発表されてましたね。なんだかちょっと驚きました。そして予想を裏切ったのがその形状。今までの無印のような横長のタイプじゃなくてPro 3と同じ3:2比率というね。本当にPro 3を小さくした感じになっちゃったね。性能としては先日発表されたAtomの新型番であるAtom x7-Z8700を搭載し、メモリは内蔵ストレージによって2GBと4GB二種類準備。このサイズで128GB、4GBメモリーっていうのは今までなかった組み合わせじゃないかしら?Surfaceの代名詞ともいえるキックスタンドはPro 3のような無段階ではなくなったけど2よりは1段増えた3段切り替え。もう一つ代名詞であるType CoverもPro 3のサイズダウン版。Pro 3でできるようになった傾斜を付けた配置もできるみたいね。他にもSurface Penが使用できるようになったり、充電ポートが独自形状からmicroUSBになったところなんかも評価できるんじゃない?ちなみにこのUSBポートは充電専用というわけではないらしい。ということはSurfaceシリーズ初のUSBポート2つ付っていうことになるよね。変換ケーブルは必要になるけどさ。

しかし、出ないと思っていた無印版が出るとわね。まぁ、RTじゃないのは当然な所なんだけど。ただちょっと意外だったのがAtomだったところかな。SurfaceでファンレスならCore Mかなーなんても思っていたんだけれど。Core MはPro 4とかで採用かな?でもまぁ、Surfaceにはとがった性能を追求してほしいかなぁ。ファンは回りだすと想像以上にうるさいからそこだけ何としてくれるとうれしいかもしれないけど。

さてさて、この3ですがやっぱり私の購買意欲はそそられてますよね。日本発売はまだアナウンスされてないけど絶対発売されるでしょう。ただ、私の手元には初代RTにICONIA W4もいるし必ず必要になるものではないんだよなぁ。どちらも今年で2年目突入だし後釜として候補に入れておいてもいいかなっていう気はする。同じ価格帯で同じような性能なら候補としてはNECのLaVie Tab Wかね。ノートPCスタイルの時角度が変えられないのが若干問題かもしれないけどあのがっしりとした土台はいいんじゃないでしょうか?キーボードが物理接続なのもよいよね。ASUSのやつなんかは分離が面倒そうだし。ほかのキーボード付きもBluetoothなのがねぇ。他にもPavilion x2 10-j000も候補の一つかな。キーボードはぺにょぺにょだけれどね。解像度も他の候補に比べると低め。だけど価格はそれだけ安いからね。別にFull HDいらんしこれはこれで十分なんだよな。キーボードつけても1Kgいかないのも良い点。

個人的にこの低価格帯の2in1端末が増えるのは嬉しいね。選択肢が増えてドキドキするぜ。今年は1台くらいは買っちゃうかもなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください