ひとりごと

意外な所から登場

先週は新機種ラッシュみたいな感じだったけどさりげなくZTEも新機種を発表というか投入していましたね。まさかあの若干iPhoneに似ているZTE Blade Sが国内投入されるとは思いもしなかったわ。販売するのはNTTレゾナントでgooで有名な所ね。Blade Sにgoo専用のネームを付けたところを考えるとZTE Blade Vec 4Gのようにいろいろな所が扱う予定っていうのはないのかもしれないね。そしてこの機種SIMフリーの機種にしては珍しくg01を除いてNanoSIMが採用されているのよね。まぁ、g01はMiniSIMってのも今となっては珍しい気がしないでもないけど。今のところ大体の機種がMicroSIMなことを考えるとね。ある意味この機種を買えば合法的にNanoSIMを手に入れることが…。

最高位機種であるg03はディスプレイがHD720止まりではあるもののROMは16GBであったりOSも最新のAndroid5.0、カメラもソニー製で1300万画素でありかなりのスペックよね。子の端末が3万円程度で手に入るのだからコスパはいいでしょうね。ただ、対応周波数がdocomo向けに設定されているので私のようなY!mobile系のSIMカードを使っている人間には手を出しても意味がない機種になってしまってます。残念。

日本国内だとやはりdocomo系のMVNOがメインですからね、それ以外のMVNO向けの機種っていうのはあまり登場しないよね。グローバル版をそのまま投入するような感じだとY!mobileのSIMでも有効活用できるんだけどね。900MHzに対応しないのがいたいわ。

そういえばApple watchが発売されたようだけど、既にAndroid wareの販売台数を超えてるとかなんとか。Android wareはあまり流行っていないというかウェラブル端末があまり必要とされていない感じがする世の中の情勢でこれだけ売れるというのは改めてAppleのブランド力の大きさを思い知らされる形になったのかね。

ここ最近静かなWindows Phoneはそろそろ何かしらの発表があるかしらね。buildに合わせて何かあるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください