ひとりごと

好きな音

最近電気屋さんに行ってはイヤホンコーナーで色々なイヤホンを視聴して歩いてるRefAさんです。お久しぶりですね。それにしても、今音楽業界はハイレゾという高級志向を売りに躍起になっている感じがしますね。といってもハイレゾの存在は知っているけど意味が分かりませんっていうのが世間一般の意見っぽい感じがしますけど…。なんというか、SONYが非常に頑張っててSONYの何か新しい規格なのかなって勘違いもされそうな感じ。これまたマイナーな企画だったSACDみたいなね。

そんな話は置いといて、そうやって高音質が売りになってくるとその音源を再生する機器やより高級なイヤホンが色々出てきますよね。再生機種としては手軽に手に入るのがWalkmanだけっていうのもどうかと思うけど。てか、今国産メーカーだとポータブルオーディオプレイヤーを生産してるのってSONYくらいしかないのね。いつの間にかAppleのiPodに駆逐されてしまったのね。というか、今だとスマホに止めを刺されたっていうのが正しいところなのかしら?個人的にはVictorのalneoシリーズは好きだったんだけどなぁ。Alneoが手に入らなくなってからはcowonを愛用していたけどcowonも今は新機種を発表してないし残念ね。

で、イヤホンの話。今は各社おすすめのイヤホンをイヤホンコーナーで視聴できるようになってるから色々お試しができるのよね。一通りXperia Z Ultraで聞いてみたことがあるけど、どうも私の耳はVictorに育てられたためにVictorのイヤホンが一番しっくりくるようになってしまったみたい。SONYのイヤホンは全体的にもこもってるように聴こえちゃってあまり好きではなかったな。オーディオテクニカのイヤホンも何かがしっくりこないのよねぇ。Victorのやつだとツインヘッドシステムのやつか、ウッドコーンのやつね。どっちか一つ欲しいなーっては思うけどいかんせん値段がねー。全然買えない金額ではないのだけれどどうしても金銭感覚が学生時代のままなので1万円というか5千円超える出費には及び腰になってしまうよねぇ。なにより今使ってるイヤホンに対して特に不満がないというのも原因かな?使えるものがあるのに同じ用途のものをもう一つ買うの?っていうね。といっても使ってるのはVictorのXXシリーズの普及体で3千円程度のものなのでグレード的には全然話が違う領域のものではあるんだけどね。

個人的に好きな音っていうのがクリアな音なんだと思うのよね。あとはドンシャリ系ね。シャリ強めなのもあまり好きではないのだけれど。最近また色々CD借りたりして聴く音楽も増えてるし新しいイヤホンは購入検討の余地アリなアイテムの一つなのよねぇ。

あとはねぇ、オーディオコンポも欲しいといえばほしいかな。これはねイヤホン以上に微妙なところでBluetoothスピーカーを買ってしまったのがネックになってしまってるのよ。ONKYOのiLunar RBX-500っていう全方位型のスピーカー。石川引っ越してきたときに音楽を聴く環境が欲しいって思って投げ売りされてたこのスピーカーを気に入って買ってしまったのよねぇ。結局このおかげで新しいCD買ってきたときもPCを立ち上げないと聞けないという何とも悲しい状況になってしまったのよ。最近のオーディオコンポってBluetooth標準搭載だしこのスピーカーの立ち位置がなーという。まぁ、全方位型だしリスニング位置を考える必要がないのは良いのかもしれんが。

なんにせよ、いい音で音楽を聴く環境っていうのを構築したいなーなんて思いながら電気屋をブラブラする日々が続きそうです。冬のボーナスはそういう方向で使っちゃおうかなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください