ガジェット

MADOSMAをWindows 10 Mobileにしてみて

去年のクリスマスに唐突に発表されたWindows 10 MobileのOTAアップデートの延期。これに対して落胆した人も多かったはずです。しかし、そこはマウスコンピュータ、次の手を考えていたのです。なんと、ツールを使ったアップデート方法を公開したじゃありませんか。やり方は複雑ですというものの、このタイミングでWindows Phoneに手を出している人間にとってはそこまで難しい方法では無かったんじゃないかな?インストール用のツールをインストールしてW10Mのイメージをダウンロードして焼くだけだもの。ただ、Twitterを見ている限りだと、MADOSMAのリカバリーモードに入るのに苦戦してる人が多かった印象を受けるね。私は1発でリカバリーモードに入れたのでそれほど難しいという印象は受けなかったのだけれど。まぁ、ずいぶん昔にU21GTでひたすらやりまくったからかな?あれと同じような感じだった。

で、アップデートしてみて色々便利になったところもあるけども、要所要所で不安定になるところがあるね。アプリが立ち上がらなかったり、ライブタイルが正常に更新されなかったりと…。あとは、8.1であった機能が無くなってしまったのもちょっと残念。具体的に言うとバッテリーセーバーのライブタイルやデータセンターの日数と使用量の比較グラフ、同じくデータセンターの通信圧縮。データ容量に制限があるプランを使っている人間としては画像の圧縮なんかは結構役に立っていたの思うんだけどなぁ。あと、もう一つビジュアル的な話ではあるんだけど、EdgeでWebページをピン止めしてもEdgeのアイコンが書いてあるタイルしか生成されない事。IEの頃はサムネイルが表示されていたので、良かったのに。タイルのタイトルも小さいしどのサイトピン止めしたかが分かりにくい。この件についてはPC版も同様のことが言えますね。せめて、ファビコンだけでも表示してくれればいいのにって思う。

こんな印象でしょうか。まぁ、ほかにも挙げだすと意外ときりがない気がしないでもないけど、W10Mに起因することについては気が付いた時点でフィードバックを送信してます。おそらくW10Mユーザはバシバシ送っているでしょうね。音量下+電源キーでフィードバックが遅れるような設定にしてあるのも便利でいいよね。

去年最後の方に猛烈に動き出してW10Mですが、今年はどうなるでしょうかねぇ。盛り上がっていくといいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください