ガジェット

私的W10Mのすすめ

W10MやMADOSMAについての記事を書くと、こんな超個人的ブログであってもページビューが増えることを考えるとそれだけW10MやMADOSMAに興味を持っている人が多いんだなっていうのが実感できますね。さてさて、そんなW10Mですが未だに日本国内では端末が出たばかりということで日本語に対応したアプリなんかは全然数がありませんね。世界的に見たって数としては少ないのでそもそものアプリ数が少ないということもあるのかもしれませんが…。やはりその点についてはiPhoneやAndroidにはまだ追いついていないというのが現状でしょう。私もメインとしてはMADOSMAを置いていますが、サブ機であるZenfone 5は手放せない状況ですからね。

では何故、そんな微妙な使い勝手?であるW10Mを私はメインとして使っているのか?それは、ライブタイルの存在が大きいでしょう。私のスマートフォンの使い方としては情報を手軽に手に入れるための端末という位置付けなので、ロック画面を解除した先にライブタイルでいろいろ情報がちょこっとだけ小出しにされるという状況は非常に便利です。TwitterやFacebookもライブタイルで通知が確認できます。そんなものiPhoneやAndroidの通知センターを見れば分かることじゃないって言われそうですが、上からスワイプする動作がない、なんとなくボーっと見てても情報が入ってくるというのは個人的にツボってます。

ホーム画面を見るだけならAndroidのウィジェットも一緒じゃないかという人もいるでしょうが、Androidのウィジェットはアプリによってデザインがまちまちであったり配置のためのサイズも大きかったりと画面を有効に活用することができないし、何より画面が全然きれいじゃなくなる。その点W10Mはタイルの大きさが決まっているので非常にきれいに整列することができます。うん、スマート。これこそスマートフォンだよ。

で、これを他人に勧めますかと言われると正直なところ全力で勧めることはしないかなぁ。やはり人それぞれの使い方を見て、その人に合ったスマートフォンを進めるべきだと思うね。独断イリッシュント的独断イリッシュント的みんなと同じことがしたくてスマートフォンを買うならiPhoneかAndroidだしW10Mを勧めるんだとしたら私のような使い方をする人じゃないとお勧めはできないかなぁという気がしますね。ただ、それは今の現状を鑑みただけであって今後どういう展開になっていくかは分からないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください