ガジェット

暫定から正式へ

本日今まで暫定とされていたNuAns NeoのContinuumが正式対応になりましたね。なんかしれっと足されたらしいですね。これでミドルハイレンジの機種でもContinuumが使用可能ということになりましたし、日本国内で手に入れられる唯一の対応機種ということになりましたね。いいですねー、デザインといいICカードをしまうことができる背面ポケットといい素晴らしい機種だよね。ただ、私の中ではMADOSMAと使用範囲が被ってしまうので購入には至らないだろうなぁ…。実機が展示されたら触りに行きたいなー。でもこの機種電気屋さんとかでは展示されないんだよね。石川で触れるお店があるかどうかが心配ですわ。

後は2月頭に真のVAIO Phoneが発表されるとの話ですね。ただ、当初言われた通り法人向けになりそうでコンシューマ向けには販売されるのかねぇ…。後はAcerも音沙汰無しだねぇ。Jade Primoはぜひ触ってみたいけど。なんかJade Priomoのスペックダウン版が出るみたいな話もあったけどどうなったのね?

個人的に次に買うのはファブレットサイズの機種が出たら考えモノですね。大型機種は持ちにくいとは思うけどW10Mのライブタイルとの相性を考えると6インチモデルで横長タイル2列配置ができるようにしたい。解像度もFHDがいいなー。ちょっと値が張ってもそこは対応していきたい。MADOSMAの次世代モデルとかその辺の機種にならないかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください