ひとりごと

次はシベリア

そうなんです、次はシベリアなんです。輪島の次はシベリアなんです。まぁ、この意味については後々語るとして、先週の土曜日は能登の千枚田まで行って「あぜのきらめき」を見に行ってきました。あぜのきらめき、簡単に説明すると、能登名物棚田にゆらゆらと揺れる発光を再現するLEDを使ったイルミネーションイベントなのです。先週でラストということだったので、彼女さんと行ってきました。まぁ、ただそれを見に行くというのも芸がないよねっていうことで能登左側の海沿い道の駅+αを巡ってあぜのきらめきを目指しました。

出発が遅かったのでまずは腹ごしらえということで羽咋市にあるオレンジガーデンにお邪魔しました。このお店はパスタがメインのお店ですが、石焼パスタという変わったメニューがあるのです。それがこちらWP_20160312_12_43_03_Pro普通に石焼ビビンバの器にパスタが入っております。テーブルに持ってこられたときは煮えたぎってましたね。ただ、石焼のおかげで最後まで暖かく頂くことができます。これは素晴らしい。私がカルボナーラ、彼女さんはトマトベースのパスタでした。パスタも生パスタを使用しているのでモッチモチでした。私はセットにしたのでパスタのほかにサラダとドリンクそしてミニパフェもあったのでした。WP_20160312_13_03_01_Pro

腹ごしらえをした後さらに進んで、道の駅ころ柿の里しかでスタンプを押しました。来る途中に巌門の文字が見えたので、道中寄ってみることに。多少の雨には降られてしまいましたが、巌門観光できました。

巌門への入り口はくらい階段でちょっと恐怖を覚える感じだったね。洞窟を抜けると綺麗な海が。巌門周辺は砂がないから海水が濁らないみたいでキラキラだったのです。海岸沿いの岩場は歩いていくこともできるのです。その中には渡るには少し幅が広いエリアがあってそういう場所にはコンクリートでできた橋が。ちょっとこれが怖い感じ。

この後は世界一長いベンチを見に行きました。WP_20160312_14_46_47_Pro.jpg確かに長い。長い。でも、上を通るように橋が架かってる場所があって座れない場所もあった。これ、ベンチとして使えない部分あるやん…。

WP_20160312_16_27_47_Proそしてやってきました旧輪島駅。ネタで輪島の次はシベリアにしたらしいね。しかし、シベリアとは思い切ったことを書いた感じだよね。この輪島駅はそのまま観光案内所や道の駅に改装されていて凄い立派な感じだったね。ゴーゴーカレーもありました。5500円のアワビカレーという限定カレーがあるとのこと。最初1桁間違ってるのかと思ってしまったよ。輪島ではあぜのきらめきの開始時間までの時間調整で足湯なんかにもよってみました。WP_20160312_17_06_17_Proこれは足湯の源泉と思わしき場所。足湯に30分くらい使っていたんだけど足が軽くなって不思議な感じだった。他にも体の方にも暖かくなっていきました。やっぱり温泉ってすごいね。

そしてお待ちかねのあぜのきらめき!!WP_20160312_18_51_15_Proいやー、綺麗なイルミネーションでした。この中を歩いていけるんだけど、それもまたきれいでねー。ただ、入り口側の通路の傾斜が階段にしてくれと言いたくなる角度だった。足湯に入っていなければ足はもう大変なことになっていた事だろう。あと、W10Mのカメラマニュアルモードでとるとまぁまぁ綺麗な写真撮れるんですね。

そんな感じで能登半分旅行は終了しました。彼女さんとはちょうど付き合いだして半年だったのでいい思い出になったね。これからは暖かくもなるし、もっとお出かけしやすくなるし、楽しみだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください