ガジェット

Elite X3にはやっぱりこいつがいるのでは?

鳴り物入りで登場した最強スペックのElite X3ですが、そのあとも追従するような機種は現れず、今日においても最強の名を欲しいままにしてますね。廉価版が出るなんて話もあったけど、結局出てないですね。キャンセルになっちゃったのかなぁ。まぁ、そんなElite X3ですがWindows 10 Mobileを搭載していることもあり、Continuum機能をフルに活用することができます。そして、その強みを生かすためのオプション品が用意されています。

その一つがデスクドックですね。これは名前の通りデスクでContinuumを活用するためのドックです。USBやDisplayPortなどが搭載されています。最近発売されたGalaxy S8のSAMSUNG DeXみたいな感じですね。ただ、Continuum自体は映像が出力できるアダプターさえあればできるのでデスクドックが必ず必要というわけではないですね。それでも不安定だったり充電しながら使用できなかったりとあるようですが。そういう意味では純正品を持つのが正解なのかもしれません。私の環境ではアダプターとして3Q-LEVO Type-C USBハブ、サンワサプライUSB Type-C充電器で充電しながらの動作に成功しています。

そしてもう一つ、Elite X3を語る上で必要なのがノートドックですね。これは外出先でContinuumを活用するためのアイテムです。見た目は完全にノートPCですが、ノートドック自体には処理能力はなくElite X3を繋ぐ事で活用することができます。Continuumすると一見普通のPCのように見えますが、スタートメニュー等はW10Mのスタート画面と一緒なのでそこはMobileであることがよくわかります。接続方法としては無線でつなぐ方法と有線で接続する方法があります。勿論有線で接続したほうが遅延無く接続できるのでいいですがあまりスタイリッシュではないですね。無線接続でもそこまで遅延なく使えるのでWeb見たりで使うなら無線でも十分ですね。ただ、充電しながら使いたいのであれば有線でやるしかないですけどね。

そんなノートドックですが、購入を見送っていたんですけど、この前遂に買ってしまったのです。やっぱりElite X3ユーザとしては持ってないといけないかなと。あと、W10Mが風前の灯火になってしまったのでこういったものは買っておかないと無くなってしまうかなと。で、買ってみて使ってみると快適ですね。ほとんどノートPCと同じ感覚で使えます。確かにIMEなんかは若干頭悪い感じはあるけど、大きな画面とキーボードってのは安定感がありますね。個人的には最近PCでもx86系のソフトは使ってなかったりするので、究極的な話これだけでも足りるんじゃないかと思えるレベルですね。

本当にW10Mの未来が絶望的な状況だけど、なんとか踏ん張ってほしいですね。こういうアイデアは好きですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください