ガジェット

Z-01Kを2ヶ月ほど使ってみて

2画面スマホで世界?が盛り上がってますが、Z-01Kを手に入れてから2ヶ月ほどが経とうとしているので一回感想をまとめてみようかと思います。

良かった点

2画面はマルチタスクが捗る

これは発売当初から言われていたことですが本当にマルチタスクが捗ります。Androidも7以降からアプリを同時に表示する機能はありましたやはり大きくなったとはいえスマホの画面ではアプリを同時に起動するには狭すぎます。IME立ち上がったときにはもう狭すぎです。その点Z-01Kであれば2つのアプリを5.2インチの画面フルで起動することができます。ただゲーム等はアクティブにしてない側は動作が止まってしまうのでそこは残念ですね。私はよくポケモンGoとLINEの同時起動を使っています。

十分なパワー

Snapdragon821と今となっては少し時代遅れなCPUにはなってしまってますが、それでも十分なパワーがありますね。メモリも4GBあるしかなり余裕な感じ。2画面モードにしても処理落ちするような雰囲気は感じられません。発熱に関しても折りたたんで使っている場合は発熱源がディスプレイ1枚を隔てているのであまり感じませんね。開いて使ってると熱いけどね。

残念な点

重い、痛い

わかっていたことではあるんですが、やはり226gというのはスマートフォンとしては非常に重いですね。あと、思った以上に角が出てるんですよね。それが手に刺さる感じが痛いです。ここは使い続けて思ったところ。

バッテリー持ちが悪い

思った以上に悪いですね。1枚使用でも画面がついているとあれよあれよとバッテリーが減っていきます。もちろん2画面で使えばそれがさらに加速していきます。どうしても1日で数回継ぎ足し充電が必要になってしまいますね。一応充電時間は早いので短時間でこまめに充電する分には困らないですね。

他にもカメラとかも少し特殊で画面を行ったり来たりが不便だったりしますが、プレビューモードなんかは便利だったりするのでプラマイゼロって感じでしょうか。

2画面というちょっと変わった端末ですがそのキャッチコピー「想像を超える。無限の可能性」どおり使い方次第で無限の可能性を秘めている端末だと思いました。まだまだ付き合ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください