ガジェット

私のChromebook Tablet CT100PAの使い方

 タブレットを買おうと思ってASUS Chromebook Tablet CT100PAを買ってから3ヶ月程度が立ちました。CT100PAを買ってから本当にWindowsマシンを触る機会がめっきり減りました。ほとんどやりたいことがCT100PAで事足りてしまうんですよね。Web見てメール見てSNS見て…。私はパソコンで写真をイジったり動画作ったりとか専用ソフト使わないと何もできないんです!!っていうことがないんですよね。そういう意味ではライトユーザー。そんな私にはサクッと立ち上がって普段は手軽に使えてしっかりなにかやろうとしたときにはその流れのまま作業が開始できるのが非常に合っています。

これが私の作業をするときの状態です。外部モニタにEVICIV 15.6インチモデルをキーボードにlogicool K380、マウスに同じくlogicoolのPebbleを使用してます。なぜ外部入力機器が両方logicoolなのかというのは対応OSにChrome OSを明言していることもあるけど可愛いからでしょうかね。赤いキーボードにピンクのマウス。こんな色なかなかないですよね。キーボードなんて白か黒の選択肢が基本じゃないですか。その中で赤を打ち込んでくるlogicoolさん流石ですね。

 さて、そんなCT100PAですが最近ではビックカメラでも取り扱うようになり身近になりましたね。でも、そこで配られている冊子には取り上げられていないという。

やはりTabletとなってしまうと少し扱いが違うんですかね。売り場で色々触った感じはHP Chromebook x360 12bがいい感じですかね。2:3ディスプレイはやっぱり使い勝手もいいし、サイズ感と色が可愛いげがあって良い感じですね。

 で、この冊子の中だともちろんですがGoogleのサービスが使いやすいと説明されています。Office系もGoogleのスプレッドシートなんかが紹介されてます。でも、私はどちらかというとmicrosoftサービス派。Office系はかんたんにしか使わないのでOffice Onlineで十分です。一番使うOneNoteについてもWeb版で十分ですね。Web版開いてショートカット作っておけばアプリのように動きますしね。メールもカレンダーもOutlook.com派ですがどちらもショートカット作って使ってます。Chromebookはメールなんかもアプリ入れて使うわけではないのでGmailじゃないと使い勝手悪いーってことはないのでGoogleのサービスはあまり使ってないけどっていう人でも十分にその力は発揮されます。ちなみにこのブログに掲載している画像はOneDriveにバックアップしてるものをOneDriveの機能の埋め込みから貼り付けています。これをすることでブログの容量を使うこと無く画像を貼り付けてます。Google Photoでも同じことはできるようですがなんか手順がややこしいのでOneDriveのほうが好きです。

基本的にWindowsやMacでインストールするようなソフトを使わないといけないっていう人以外にはオススメしやすいのがChromebookかなと個人的には思ってます。基本がWebでできることしかしないのでサービスが何使ってるかに左右されることも少ないかなと思います。保守管理も基本バックグラウンドでアップデートはしてくれるしソフトの更新なんかもする必要ないし(Androidアプリを入れていたら別ですが)セキュリティソフトも気にする必要ない。気軽にネットの世界を楽しむならChromebook最高かなと個人的には思ってます。Linuxに詳しい人ならそっち方面でも楽しめるかもしれないしね。CT100PAではCPUの関係上少し制限されるけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください