ガジェット

Surface Pro 3を売った話

 先日Surface Pro 3を売ってきました。まだまだ現役といった感じですが、買って五年、十分楽しんだかなと言うのとそろそろ新しいパソコンが欲しいなーと思って売りに出す決心をつけました。Surfaceは新しいモデルも出たし早めに売ったほうがお得かなって思ったところもありました。

 今回はSurfaceを売るにあたって、お店は千葉駅近くにあるじゃんぱらさんに売りに行くことにしました。千葉でパソコン売るならじゃんぱらさんが一番高く買い取ってくれそうだったのでそこに決めました。で、じゃんぱらさんのHPを覗いていると、PCを売りに出す場合は購入当初のOSであることが望ましいとの記載がありました。私の買ったSurface Pro 3はWindows 8.1搭載モデルでした。ということは売りに出す際にはOSを8.1に戻さないと減額とされてしまうということです。もちろん私のSurfaceはWindows 10にアップデート済み、8.1の頃のリカバリーイメージなんてとってありません。これはどうしたものかと思ってMicrosoftのSurfaceのサポートページ見てたらなんと「Surfaceの回復イメージをダウンロードする」なんていうページがあるじゃないですか‼Microsoftアカウントでログインした状態で該当ページにアクセスすると登録されているSurfaceのボタンが用意され選択すると回復イメージがダウンロードできるようになります。しかもWindows 10のみではなく8.1のものもダウンロードできます。これは驚きでした。ここから回復イメージをダウンロードして、手順通りに行うことでWindows 8.1にロールバックすることができました。ただ、実際のところ手順通りに事が運ばない部分があってエイヤでやったところはありますね。なぜかドライブから回復するというコマンドが見当たらず仕方がないので通常のリカバリを選んでいったら回復先のOSは10しかない。でも一回やってみようと思ってそれでやってみたら8.1になるっていうね。もう、よくわからんよ。

 さて、そんな感じで買ったことろの形に戻ったSurfaceちゃんをもってじゃんぱらへ向かいます。お昼過ぎにいったものの買取待ちはすでに3人いて4人目とのこと。あとに特に用事もなかったので待ちますと言って案内されるのを待ちます。どうでもいいけど、私の前に買取をお願いしてた人未開封のSurface Bookを買取に持ってきてたんだよね。未開封ってどういうことなんでしょう。しばらく待つと声をかけられて案内されました。最初に外観チェックを行いある程度の金額を言い渡されました。角部等に多少の擦り切れがあるということで多少の減額になりましたがそれでもそこそこいい値段がついていました。ボロボロになっていたタイプカバーにも金額をつけてもらえました。ダメもとで持っていって正解でした。そのあと動作チェックを行いますとのことでさらに1時間ていどおまちくださいとのこと。この時は店内で待ってる必要もないということだったので、千葉駅内のベーグル屋さんでお茶しながら時間をつぶすことにしました。このベーグル屋さんいつもそこまで混んでないのでお茶するには最適です。別フロアにあるカフェとか何時も一杯なので頼りにしてます。ベーグル屋さんではありますが、個人的にはこのお店のブラウニーが大好きです。温めたチョコチップブラウニーマジで最高ですよ。千葉駅行く機会がある人は是非ご賞味あれ。

 さて、そんなこんなで時間も来たので再度じゃんぱらへ。動作確認では特に問題なしとのこと。あと、Officeのインストールカードは返却されました。どうも、じゃんぱらではSurfaceのOfficeは欠品扱いにするそうです。うーん、プリインストール版だし返されてもなーとは思いましたが一応受け取りました。念のため再インストール用のプロダクトキーはメモってはいたんですが、特にOffice欠品による減額対象とかではないそうなので不必要らしいです。最終的に私のSurfaceは¥23,000くらいで買い取られました。タイプカバーも¥1,700くらいでしたね。満足な買取価格です。

 あとは私の手元には初代SurfaceとGateway ID47Hもあったりしますが、これらは外観上よろしくない状態なのと、Windows 7に戻せないというのもあって売りに出すのは厳しいかなと思ってます。今回初めてまだ価値のありそうなものを売った気がします。捨てるくらいなら売って、誰かの手元で役立ってもらったほうがいいですね。私のSurface Pro 3もどこかで役立つ時が来るんでしょうかね?