ガジェット

そしてOneMix1Sを買った話

前回Surface Pro 3を売った話を書きましたが、もちろん売っただけでは終わりません。新しいパソコンを購入しました。そう、One-NetbookのOneMix1Sを購入しました。前にGDP Pocketを見てからUMPCに興味を持ちいつか欲しいなーと思っていたので手を出してみました。どうしてOneMix1Sにしたのかという問いに対しては、やはりこのサイズで2in1というのが非常に魅力的でした。それにOneMix1Sは家電量販店で6万円程度で購入できて比較的手が出しやすかったというのも選んだ理由ですね。CPUがCore mのOneMix2Sや画面サイズが一回り大きいOneMix3という選択肢もありましたが、今回はコスパ優先でOneMix1Sをチョイスしました。

CPUがCeleronなのでやはり一度に色々なことをやると重いなーって感じにはなりますが、シングルタスクであればそれほど気にはならない感じですね。それにこの7インチサイズというのは機動力が違いますね。少し前まではChromebook Tablet CT100PAを持ち歩いてましたがそれ以上にコンパクトです。キーボードも持ち歩く必要ないですし荷物が減っていいですね。キーボードに関してもブラインドタッチが出来るようになってきましたね。多少変則的なキーボードではありますが、押し込んだ感もしっかりあるしそこまでストレスたまる感じでもないです。因みにキーボード配列は英字キーボードなので記号関連は英語配列に準じます。@がShift+2というのが慣れないですね。

拡張機能としてはHPなんかには明記されていないですが、Type-Cポートから映像出力可能です。モニターに対して給電もできるのでCT100PA同様モニタとType-Cケーブルさえあれば拡張ディスプレイを実現できます。モニタ側にPD電源をつなげばちゃんとOneMix1S側も充電されました。

Bluetoothキーボードについても問題なく接続できます。もちろん英字配列で接続されるわけですが私の持っているlogicoolK380は英字配列の刻印もされているので問題なく使用することができます。これ買って正解だったわ。

重ね満足しています。あとはCDドライブを買えばOneMix1Sだけで全てができるようになるわけですよ。贅沢を言うとモニタを据え置く机があってそこにドッキングステーションなんかがあって設置できるのがいいんでしょうけどね。残念ながら家にはそういうスペースがないのでそういう運用は難しいですね。でもまぁ、モバイルモニタは使えるし元々持ってるハブで何とかなりそうなのでそれでいくしかないかな。これからもOneMix1Sで楽しんでいこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください