ガジェット

Chromebookのセットアップ、日本語と英字キーボードの罠

  昨日C523NAを買いましたという話をしましたが、このC523NAは日本で発売されている機種(家電量販店でも販売されているので手に入れやすい)ですがキーボードは英字キーボードだったりします。日本で販売されているPCとしては珍しいですよね英字キーボードって。半角全角のキーがありませんからね、異質に見えます。ただ、Chromebookだと案外英字キーボードの機種は多かったりしますよね。キーボードショートカット的にソッチのほうがいいなんて言う人もいるようですし。ただ、この英字キーボードセットアップの際にネックになることがあります。

 キーボードは英語ですが日本で発売されている機種だけあって電源入れて最初に出てくるセットアップの画面は日本語です。安心しますよね日本語。で次へ次へでメールアドレスを入力するときに問題が発生します。そう、@が入力できないんです。正確に言えば入力はできますが思ったとおりに入力ができないのです。キーボード上は2の上に@の記載があるのでShiftキーを押しながら2を押せば@が打てるものと考えてしまいます。しかしそうではないのです。この状態だと出てくるのはダブルクオーテーションマーク。そう、まさかの日本語キーボードと認識されてしまっているのです。Chromebookの日本語入力は英字キーボードの設定と日本語キーボードの設定がありますが、セットアップ時には言語を日本語にしていた場合問答無用で日本語キーボードが設定されてしまうみたいですね。なので、なんとかセットアップが終わったら言語設定でキーボードの確認をしておく必要がありますね。

英字キーボードの日本語入力と英語キーボードを追加してます。これで入力は問題なくできますね。ちなみに言語切替はCtrl+Shift+スペースです。Enterキーが横長なのも少しなれてきました。慣れって恐ろしいわ。こうなると今度逆に日本語キーボードが使いにくくなってきてしまうんだろうなぁ。それはそれで怖い気がするね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください