ガジェット

HPから新しいスタンダードモデルが出た

 HPから2020年のChromebookスタンダードモデルみたいなモデルが発売されましたね。「HP Chromebook 14a」ですね。今の所2モデル発表されていて

  • HP公式サイトモデル
    天板がセラミックホワイト
    CPUがIntel Pentium Silver N5000
    価格が42,800円(今はAmazonのセールで39,500円)
  • Amazon限定モデル
    天板がマリンブルー
    CPUがIntel Celeron N4000
    価格が39,800円

になってますね。Amazon限定モデルがChromebookとしてはスタンダードな感じですかね。値段が39,800ですが画面はタッチパネルだったりFHDだったりと十分な機能が揃ってますね。Androidアプリを使うことを前提としているのであればタッチパネルはあったほうがいいでしょうね。天板がマリンブルーというのも珍しい感じですよね。Chromebookは白とかシルバーとかが多いイメージですからね。色がついた天板というのは珍しいかと。同じモデル名でスペックアップしたものがHP公式から販売されています。ChromebookでPentiumどれくらい快適なんでしょうかねぇ。そんなモデルが50,000円で手に入るっていうのは非常に魅力的だと思いますね。ただ、今はセールで何故か下位モデルよりも安い状況になっているので少し待ってもいいなら上位機種を買ってもいいかもしれないですね。

 しかし、HPはChromebookに対して結構色々出してきますね。今回の2モデルは本当にスタンダードモデルって感じだし、タブレット風にも使いたいって言うならx360シリーズもありますからね。こっちも50,000円ちょっとくらいなので手が出しやすい感じ。HPは基本外観が白いモデルが多いのでスタイリッシュな感じも多くていいですよね。スピーカーも前面にある機種なので音も良さそうな印象です。

 一つ残念なところがあるとしたら実機を触って選ぶことができな点でしょうか。個人的には未だにネットだけでものを買うっていうのに抵抗があってね。パソコンはねぇ実際ものを触ってみないとわからない気がして。キーボードの感触やトラックパッドの操作性とかね。そのへんに抵抗がない人でChromebookってどうなんだろうーって思う人は是非手を出してChromebookの軽快感を味わってもらえたらいいなーと思うところでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください