ひとりごと

そのお金は誰のお金?

 Go To トラベルキャンペーン始まる前から東京が急遽対象から外れたり若者とかの集団旅行が対象外になったりと後出しで色々制限が追加になってるなかキャンセル費用を国が保証する方向で調整しているとのニュースが流れました。

「Go Toトラベル」東京対象外のキャンセル料 補償へ調整

こんなタイミングで東京から旅行、東京へ旅行を選択した人がどれくらいいたのか逆に気になるところですが、その旅行のキャンセル料を国が負担するそうです。まぁ、たしかにこれが一般企業であれば企業が公募して急にキャンセルになりましたーなので返金保証するのは当たり前かもしれないけどそれを国がやるとなると、ましてや税金で。ありえない話だと思いますよ。それなら最初からコロナウィルスの第二波等によるキャンセルもあり得るので自己責任でお願いしますくらいの規約を入れておくべきだったね。旅行に行くのは自己責任ですと。そうすれば余計なお金を使わずに済んだわけで。そういうこともせずに、期間だけ前倒して自体が悪化してきたので色々成約を追加する、批判が出たから税金を投入するっていうのはいくらなんでも頭悪すぎでしょう。政治判断政治判断はいはいみたいなことを国交省の幹部が言っていたなんて話もニュースに出ていましたがなんというかこういう人たちってコスト感覚もないしなんか上から目線だよね。

 やっぱりさ、こういうとき責任をとってもらわにゃあかんと思うのですよ。ニュース記事だと予備費でキャンセル費の負担をなんて話をしていたけどそんなではなくて、このGo To トラベルをこの時期に推し進めてこういう混乱を招いた人たちの給料から今回のキャンセル費を捻出してもらいたいよね。自らの身を切らずに対応しようなんて虫がよすぎる話だと思いますけど。政治家の人って責任責任よく言うけど取ってるところ一切見たことないもんね。政治家の人たちには国民の生活が良くなるために日々頑張ってもらわないと。そしてもらっている給料は国民の税金なのだから溜め込まずにじゃんじゃん使ってほしいよね。返してほしい。国会議員は貯金できないとかにすればいいのになーと思う一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください