Koebi Junction Diary

人の恋路を見ているのって面白いよねって一度も恋愛したことの無い人間が言うことじゃないよね

それでもやっぱり面白いさ。

こんな時間まで起きているのは実は初めてな炬狄です。いや14日にやろうと思っていたことが一日中出歩いてしまった為にできなかったので夜になってやり出したらこんな時間になってしまいました。ふぁ~こうなると眠気ってのは無いんだけど目がしょぼしょぼしてくるんですね。ははっでも何故かテンションは高いです。高いと言うか不安定と言った方が正しいかもね。だから恋の話書きます。
タイトルに書いた人の恋路ってのは具体的に言えば伊耶那岐さんです。宮城野の文化祭に行ったときに見た演劇サークルの娘に一目惚れしたらしく空色さんに友達通してメルアド聞いてみてくんないって言って空色さんが友達に言ったら聞いてあげるよって返事が帰ってきたようです。空色さんの友達凄いなおい。見ず知らずの人間のためにメルアド聞いてみちゃうなんて。まだ結果は分かってませんがこの調子だと案外メルアドゲット出来そうですな。そしたら伊耶那岐さんどうするんだろう?アタックするのかな?結構可愛い娘だったからね彼氏がいる可能性もなきにしもあらずだけどね。
こう言う風に私の回りの人には恋の話が
出てきますが私自身には全くありません。多分一度も無いんじゃないかなそんな私に関する色恋沙汰の話しなんて。中学の時は女子と普通に接してたしね。特別仲良くするような娘も居なかった訳で。部活帰りも1、2年の時は男子と帰ってる割合の方が多かっただろうけど3年になった時は皆塾に行ったりしてたから女子と帰ることの方が多かったかな?なんてね、記憶は曖昧だけれどね。
それでも今考えれば1対1になったときにちょっと何だろう緊張するってかドキドキしちゃう人は2人いたかも。イニシャル出さないけど(気になる人は直接私に聞いてみて。私の気分が良ければ教えますから。てか私が誰か知ってる人は分かるかな?)1人は自然とドキドキしてる人でもう1人は中3の後半からかな?後者の人はね私の夢に出てきたの。知ってる人が夢に出てくるのはよくあることだよね。でも私の場合大概知ってる人が出てくる夢は特撮物のような夢なんだけどその人が出てきた夢はやけにリアルだったんだよね。いつもの部活の帰り道いつもと変わらずその娘と帰ってるそしたら急に腕組んでくっつくの。只それだけの夢なんだけどね。今でも覚えてるんだから衝撃的だったんだろうね。その娘がそんなことをするような人じゃないからね。あ、でもするかな?小学生高学年の頃の話ですが私と前者後者の人と歩いているとき前者の人が私と腕組んで走り出したときすかさず私の手握って引っ張った人ですからね。なんて記憶あの2人は覚えていないんだろうな。てかそんな頃の記憶が残ってる私が可笑しいのかな?
あぁなんか恥ずかしい文書いたかな?でもまぁ私が誰だか知ってる人は見抜いてるかもね。てかこの2人の女の子自体が私の気持ち分かってるかも。だって急に口数減ったりするからね。それでも何も言われないってことはアウトオブ眼中ってことかな。てか私男の魅力無しだもん。容姿が言い訳でもない頭が良い訳でもないスポーツができる訳でもない度胸が有る訳でもない。きゃ~無い無い尽くしじゃないの!いやむしろマイナスではないだろうか。プラスに転換できるようなものが何もない・・・。まさに甲斐性無しかな?
てかね私の回りの人に彼女が居ないのにどうして私に彼女ができようよ。オルタナティブさん、伊耶那岐さん共にかっこいいし空色さんは律儀な人だし。はぁなんだか自虐的な話になってきたな。でもこれが現実なのよね。だぁ〆方分かんなくなっちゃった。えぇっととりあえず伊耶那岐さん頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください