Koebi Junction Diary

くら寿司

今日は新しく出来た「くら寿司」に行ってきました。

回転寿司です。泉の宮ステーキの前にあります。今色々なとこにある100円寿司なんですが私が行ったことのある100円寿司とは違いました。まぁそれがその回転寿司屋の戦略なんだけどさ。
違いその1 ~タッチパネル~
これはね小規模回転寿司の場合は直接板前さんに注文をし中型、大型の場合はインターホンでお寿司を注文しますよね。ここくら寿司はタッチパネルを使うんです。まぁ今タッチパネルを使うお店は増えてきてますからたいして珍しいものではないんだろうけど私は初めて見ました。機械が管理するので注文したものが来ないってことはありませんよね。そしてそのタッチパネルの装置は注文品が近くに来ると知らせてくれるんです。これ便利。意外と忘れた頃にお寿司流れてくるんでね。
違いその2 ~オサラカウンター~
回転寿司の場合お愛想を頼むとお店の人が来てお皿の枚数を数えていきますよね。くら寿司は違うんです。くら寿司にはお皿を入れるポケットが有ってそこにお皿を入れると枚数を自動的に数えていくんです。これは食べていくとテーブルにお皿がかさばるのが嫌だってので開発されたようです。女性受けも良いらしいです。お皿が重なってるのが見られませんからね。ただお皿が自分の前に重ならないので今何枚自分が食べたかが分からなくなるのが問題ですね。それにこれ5枚お皿が入るたびにゲームが始まって当たると景品が貰えるんです。これがやりたくて子供が残さないようになったなんて声も有るそうです。
今は100円寿司業界もこういう工夫をしていかないと勝ち残れないんですかねぇ。私は100円寿司なら黒船が好きだな。だってあそこ全品わさび抜きなんだもん。私わさびが駄目なんでとっても嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください