Koebi Junction Diary

テンションに任せて・・・

言わなければよかったかもなんて思ってたりもする。

一昨日メルアドを変えて変更メールを出しているとオルタナティブさんから返信があって
「わざわざメルアド変えるって、彼女でもできた?」
と書いてあった。あの人の頭の中ではメルアド変える=彼女出来たという素晴らしき脳内変換らしい。とまぁそんなことはどうでもいいわけで問題はそのあとさね。
やんややんやと話が繋がり誰かに紹介してもらえばいいじゃないと。でも私の周りには飢えてる人しかおらんよって言ったら紹介してやろうか?と返ってきた。そこで判断が狂ったようね。いつもならそんな冗談なんつってお断りしたんだろうけどその時はお願いしてしまったのね。何してたその時の私!!
で、今に至ると。皆さん予想できてますよね。そう、なんの連絡も無し。まぁ当たり前っちゃ当たり前かななんてね。どうオルタナティブ網で繋がっていったのかは分かりませんが。
ただね、ほんのちょっと例えるならば米に書く字程度の期待も無かったといえば嘘にはなるかな?いや~電波言ってから喋る野郎率99%ですからね。中学校時代までと比べると考えられない数値なわけで。気軽にお話できる女の子ってのが身近に居なくなってしまったのねん。ちょっと最近その現状が寂しかったりもする。夏祭りにチャージした分使い果たしそうです。女の子パワーを私に下さい・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください