Reverse fact Axis 1st, ひとりごと

何しろ損傷が大きすぎる

朝っぱらから台風接近雨ザーザー、それでも電車は動いてたし、学校からの連絡もない。そうなったら学校には行かなくちゃならない。久しぶりに大きい傘を取り出し出発。愛子駅に着くとそこは豪雨だった。横風にあおられた雨は横に振ってくる。傘を横に倒しても濡れないってどういう状況?こんなこともあろうかと私は防水シューズを履いていたので水たまりというトラップに関してはどうということはなかった。しかし、私の歩き方もあるのだろうがジーパンのひざから下がぐっちょりと濡れてしまった。地味に重かった…。

さぁ、学校に着いた。が、学校から出て行く人もちらほらといる。ん?どういうことだろうなんて思って廊下を歩いていたら1年生の教室の黒板に全日休校って書いてあった。いやぁ、あれは1年生の要望だろう、もしこれで本当に休校だったら今までの苦労はなんだったんだって話になっちゃうもの。

研究室前到着。カギが閉まっていた。なので技官さんの所にカギを借りに行ったついでに今日って休校になったんですか?ってきいたらそうだよって返事が…。おい、ちょっと待ってくださいよ、こんなに頑張ってきたのにそりゃないぜ。そのあとすぐに担任からメール、校内放送で今日は休校になりましたとの連絡。なんだよ、連絡来るの遅すぎるだろう!!何のためにジーパンぐちゃぐちゃにしてまでも学校来たんだよ!!なんてみんなで言ってた。

ただ、これ以上洋服が濡れるのと大変なことになるんじゃないかってことで一通り乾いてから帰ろうかなんて話をしてたらまた校内放送が流れる。内容は仙山線が運休になるよ、運休前の最終電車は何分の電車ですよってものだった。時計を確認すればその時間までは後5分。いくらなんでも無理すぎるんだぜ。先生も来ないし仕方がないので暇つぶし開始。お昼近くにもう一度放送が流れ仙山線は4時に復旧する見込みだということ。それなら普通に帰れるねなんて言ってたら6時まで復旧しないという放送が…。そして最終的に電車が復旧したのは7時22分の話だった。

まったく、行き損の日だったよ。もっと早く判断しようぜ。学校着きました、休校ですよ帰ってください、電車はもうないけどねってどういう状況だよ。ふざけるな。私の学科の教官ではなかったようだけど怒ってる教官がいるってのは分かる気がした。教官に連絡が回ったのもかなり遅かったみたいだから。

連絡ってのはもっと円滑に早急に回すものだと思いますよ、本当に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください