ひとりごと, ガジェット

音楽の圧縮

先日ライブラリをMP3で再構築することを決めたけどその理由は、どの端末でも柔軟に対応できるっていうところが第一だね。あとは音量均一化が非常に簡単。細かいところだとFLACからの変換が確実に行えるってところ。どうもエンコーダと相性が悪いらしくwmaには変換できないんだよねー。変換できてWindows上で再生されたとしても他の再生機器ではうまく再生されないことが多くてね。

私が音楽を聴く環境としてはPC、PMP、カーステレオの3種類。で、PCとPMPは案外問題なく再生されるんだけど曲者がカーステレオなんだよ。結構好き嫌いが激しいようでさ。PCとかでは再生されるのにCD-RWに焼いて車で聞くと音飛びが発生したりとか。あとタグが正常に読み込まれない時も多々ある。

圧縮音源としては現状扱われてる形式はMP3、WMA、AACだと思うのよ。まぁ、SONY独自のATRACなんかもあるけどそれは置いておこう。この中で一番新しいのはAACよね。容量で考えれば低ビットレートでもそこそこ聴けるAACでしょう。流石後発って感じよね。着うたなんかはこの形式。iTunesなんかだと多分推奨圧縮形式だと思うんだ。ただこのAACって拡張子がぐっちゃぐちゃで訳が分からないのよ。MPEG-4形式の拡張子なら何でもOKなわけでさ。.mp4だろうが.m4aだろうがさ。そしてこの拡張子が管理するソフトウェアによって違うのよ。私の車についてるカーステレオは拡張子で判断してるのかなんなのか形式はAACだとしても拡張子が違うと再生されない。そしてタグが毎回文字化けする。文字コードが違うんだろうけどiTunesで変換しようがBeatJamで変換しようが文字化けしちゃってね。もうあきらめました。

WMAは最初私が買ったPMP使ってる頃はこれでライブラリ作ってた。でも音量の調整とかが出来なくて途中でやめたのよ。あとMP3に比べて電力消費が大きいのよ。そしてファイルサイズが小さくなるとか言われてるけど大きかった。音質はあまりMP3とは差が無いような感じだけど調べてみるとMP3より多少良い結果とは言われてるよね。でも今はそこまで魅力感じないな。最初の方でも言ったけどどうもエンコーダと相性が悪いのよね。どうしてなんでしょ?別にもういい問題なんだけど。

まぁ、結局は昔からあるMP3が一番柔軟に扱えて便利なのさ。タグもあまり問題を起こしたことないし。音質に関しては今は大体の再生機種が補完機能を有してるからね。イコライザで好きなように弄ってしまえば問題はないさ。重要なのはビットレートなんじゃないかな?と言っても私もそこまでこだわりがあるわけじゃなくて基本VBRの140~185kbpsでエンコードしてる。320kbpsのCBRにしても無駄にファイル容量が大きくなるだけでしょう。わからんてもうその領域って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください