ガジェット

Chromebookの変わった制限?

 最近妻も私のChromebookを使うようになりました。がっつりネットサーフィンするようなときにはC523NAを、電子書籍なんかを読んだりするようなときにはCT100PAを使っています。そんなとき今までは私のアカウントでログインしていてPINを教えていたのでそのまま使ってもらっていたのですが、まぁセキュリティ的にどうかなっていうのとブックマークとか別々で管理してたほうが便利だろうということで妻のGoogleアカウントを追加しました。そこで変わった制限に出くわしました。この制限自体はヘルプにも記載されていることなのでChromebookとしては当たり前なんでしょうけどちょっと違和感があったのでメモ。

 複数アカウントを入れると起動画面でどちらのアカウントでログインするか聞かれます。で、ログインした後に右下の通知エリアをクリックして出てくるポップアップ内のユーザアイコンをクリックすると別のユーザとしてログインという項目が出てきます。ここで別ユーザがログインすることができます。所謂マルチログインってやつですよね。で、このマルチログインを行うと下記のような制限が発生します。

  • マルチログイン後は各アカウント間をパスワードなしで行来できる(ウィンドウの移動も可能)
  • 特定のユーザだけがログアウトできずログアウトする際はログイン中の全ユーザがログアウトする必要あり
  • AndroidアプリとLinuxアプリは最初にログインしたユーザのみが利用できる(その後にログインしたユーザからはアプリアイコンが消える)

 ログイン周りはちょっと意外な感じですよね。Windowsと同じイメージでいると違くてびっくり。確かにマルチログインするときに警告が出るんですよね。家族での使用くらいなら良いでしょうがそうじゃない場合は注意が必要ですね。全員ログアウトについてはまぁ、Chromebookは復帰も早いしローカルでちょくちょく保存しながらみたいな作業はあまりやらないし影響は小さいかもしれないからそこまで気にする必要はないのかも。Androidアプリ系はこれに気が付かないでいるとアプリがないー!!ってあたふたしそうな感じ。

 難しいんですかね、マルチログインの仕組みって。ただ、やっぱりマルチログインしててもアカウントロックくらいはしてほしい感じしますよね。セキュリティとプライバシーって感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください